**お知らせ**
当ブログへようこそwwここではキリ番プレゼントを実施しています。
次のキリ番は「80000」が対象です。
キリ番踏んだ方、できれば証拠のスクリーンショットなどを撮っといてください。
(とはいえ複数申告なんてあるとは思えないですけどね〜)
申告はメールでもコメントでもお気軽にどうぞ
私からのプレゼントは

お子様の写真を使った壁紙』ですww

デジカメの写真でOKです(サイズは大きければそれだけ吉w綺麗なのが作れます)
それを私に見せてもいいよ〜ってことが条件ですが、
複数枚かっこいいのを用意していただけたら、
世界で一枚の壁紙を作成してプレゼントいたします。
是非パソコンをお子様の写真で飾ってください〜ww

2006年11月30日

30秒ルール

以前から……というよりも、子供がミニバスを始めて試合を見るようになった最初から気になっていたこと。30秒ルールについてなのですが。
もともとバスケはNBAから入った私。
NBAではやはりお客さんに喜んでもらってチケット代を払ってもらってナンボって(だって企業が運営してるわけですから)ところもありますので、お客さんに喜んでもらう・チケットを購入してもらうために、ルールが改正になることがあります。

確かにディフェンス重視の素晴らしいチームのプレイは見ごたえがありますが、1シーズン82試合を戦うNBAで(笑)毎試合ディフェンスを必死にやってオフェンスのスピードを落としたプレイを見せられては、お客さんも飽きますよね。点数がものすごく低い試合が毎試合なんて、そりゃチームが勝つための戦術とは言え、チームが勝っててもスタジアムから足が遠のくってもんです。

そこでNBAは24秒ルール。なるべくオフェンスの回数を増やし、得点を高くしようってことですよねwwww
ここからがミニバスと大きく違うところ。
NBAは一回のオフェンスが24秒ですが、それは「シュートまで行くことが24秒以内」なわけですね。
途中で相手のチームがパスをカットしてボールがコートから出ても、そのままカウントダウンです。
だから22秒とか必死に守ってパスカットして、相手のオフェンスを崩して……たとえゴール下でのセットオフェンスが再開になっても、残り1秒とかだと、どうしたってオフェンスはワンチャンスですから、守りきる意味があるのですよね。

さて、ミニバスは?
1Q6分ですよね〜〜〜。んでもって、シュートが入ってもタイマー止まらないですよねー。
単純計算で6分間を30秒で割れば、双方6回ずつのオフェンスしかない計算になりますよね。
そこで「なんかなーーーー」って思うのです。

うちのチームはゾーンで守ってます。マンツーなんて足がありませんから出来ないのです。
どちらかというと引いて守るチームなので、先日の厚別東戦なんかをじっくり見て本当に泣けてくるんですが、30秒近く必死で守るじゃないですか。で、相手が痺れを切らして無理やり攻め込んできてパスを出したりなんかしたのを、ようやくカットするんですが、それが外に出ると……またタイマーが30秒にリセットですよね
てことはですよ。

30秒必死にディフェンスした意味ないじゃん?

相手に何度でもオフェンスのチャンスを与えてるだけなんですよね。こっちはずっとずっと守らされてるだけ。
それじゃダメなんですよね。子供達その辺わかってるのかな?

言葉を変えれば「積極的にボールを取りに行く」「こちらが攻めて早いディフェンスでボールを自分達のものにする」そういうことが必要なんじゃないか、と。
うちのチームに一番かけているものはそこの意識だろうな、と。
高さで守りきれてるからなんとかなる、じゃ無いんです。
そこで終わりじゃ、ルールを理解してるとはいえないです。
確かにシュートは打たれても点数にはなってません。でも圧倒的に相手にオフェンスの回数を与えてるのです。

ファウルにならずにボールにプレッシャーをかけて、取りに行く方法。そしてその足。そこをもう少しみんなが意識しないとダメなんじゃないかなって思います。

でもって、発想を転換すると。
こちらがオフェンスでもまったく同じことが言えるわけですね。てことはですよ??????
まずみんな必死にパス練習するべきじゃない?
たかがパスとか思ってるかもしれないし、苦手って思ってるかもしれないけど、そんなの甘いよ?

今回試合を振り返ってみて驚いたのは、うちのチームって走ってゴール下に突っ込んでシュートしかやってないのね。
ひたすら走ってるだけ。フロントコートにボール運んでパス回してセットプレイなんて殆どやってないのね。すごい驚いた。
つまり!普段5対5で練習してることは一つも生かされてないってことだよね。何でかな?
答えはいくつもあると思うけど、そのうちの一つは「パスが回せない」からだよね。みんながキチンと動いてないからパスが出せないとか、色んな理由があるんだろうケド。
そういうセットオフェンスをやろうとしても、みんな途中でカットされて相手に取られるんだよね。



だから。
最初に30秒クロックのことを書いたけども。
相手にカットされてボールが外に出たらリセットされるんだよ。
そうすればしつこくこちらにオフェンスのチャンスが回って来るんだよ。それはもの凄く大事なことだよ!
そのために必死に「強いパス」「しっかりしたパス」の練習をもっともっとやるべきだよ。
パスを受けれないじゃない。パスを出せないじゃない。そんな甘い気持ちで中学に行ってもバスケやるつもり?おかしいよ。

ゆるい甘い、誰でもキャッチできるような「気遣いのあるやさしいパス」は一見相手のことを考えてあげてるように見えるかもしれない。でもそんなのは同時に、相手チームの誰でも取れるんだよ
そうじゃない。
強いしっかりしたパスなら、相手はカットは出来るかもしれないけど、それをキャッチすることは出来ないんだよ。カットしてコートから出ればそこでクロックはリセットされるんだよ!
集中して足を動かして必死にディフェンスするのはすごく大変だよね。クロックを味方につけて、その大変なことを自分達がやるんじゃなくて相手にさせる、そういう意識の変換が大事なんじゃないかな???

そのためにはパスをする側も受ける側も必死に練習しないといけない。走りながらパスを受ける。動きながらパスを出せる。そういう意識の変更が絶対に必要なんじゃないか、と思うのです。
……いや、もちろんね!
言うのは簡単ってわかってますよぅ(○`ε´○)
やるのは大変なのもわかってますよぅ(´ヘ`;)
でもね、ただパスをもっと強く!とか練習しろ!って言われてもどうしてそれが必要なのかとか意味がわかってない子が多すぎるんじゃないかな、と。
だから練習はじめた最初の数往復のパスは強くてキチンとやるけど、すぐにゆるゆるでいい加減な練習になっちゃうんじゃないかな〜〜??って思ったんですよぅ。


頑張って試合を一つでも多く楽しむためには、練習するしかないし、上達のために近道なんて無いのはわかってるけども。
今、改めて……漠然と練習をするよりも、一人一人しっかりと練習の意味を理解させるために「大人の言葉じゃなくて子供の理解できる言葉」で話をしてあげる必要があるんじゃないか……と、18番と会話していて思います。
私が18番に話をする時に、一番気をつけているのがそこかもしれません。9番に至っては、更に知識も経験も乏しいですから、なおわかりやすい表現を探すようにしています。なにより、それが一番苦労するところかもしれないです(;´∀`)


さて。
ブログランキングに参加して結構たつんですが、確かに面白いんですけども……なんかダイレクトに手ごたえが無いっていうか……これはブログをやってるオーナーさんなら多分わかると思うんですけど。結局読んでくれてる人が大勢いるのはわかるし、応援してくれてるからこうやって毎日来てくれてるんだな〜〜〜って思うんですが、実際じゃあお友達とかどんな人が来てくれてるのかって、わかるようでわかんなくて……ぶっちゃけコメント残してくれればわかるけどそれ以外ってわかんないですよね!
で、コメント残したくてもわざわざ書くのも大変だし、なにより自分の素性がばれたらまずくてかけない!ってひともいるのが本当だと思うんです〜〜。その気持ちすごいわかるし!
てことでようやく「web拍手」を設置することにしました。コメントに書くほどでもない一言の意見とかにも利用してくださいませ。

とはいえ、ブログランキングも残しておきますけど!( ゚Д゚)・∵.
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
banner2.gif

そしてweb拍手……面白かった・役に立った(ありえない)・ほぉって思った・へぇって思った……または孤独に(,,゚Д゚) ガンガレ!って思ったらぽちっとww


posted by kazoo at 13:20| Comment(4) | TrackBack(0) | ミニバス
この記事へのコメント
拍手も送っちゃいましたがコメントも

おやじも娘と話をする時、チームの子達 特にジュニアと話すときは気を使って話をするようにしています。
専門用語を使いながらその専門用語の説明も加え話をするので「話が長い!」とチビッコに言われる始末です(苦笑)
Posted by レオンのちち at 2006年11月30日 21:03
いつも「ツボ」にはまる話題をありがとうございます。

山なりぽよよ〜んパス、相手にナイスパスのオンパレード。
そもそも強いパスが出せません。
近い人には強くて危険なパスを出すくせに〜
キャッチも一回はじいてから。
あまつさえトンネルなんてのもあり。
なんたって基礎ありきなのですね。

30秒タイマー、奥が深いです。
いつも攻められてばかりだから考えたこともなかったわ。
Posted by ゆきんこ at 2006年12月01日 08:49
中学は24秒で1Q8分で分割したら、双方10回オフェンスしかない計算でした。
高校や大学になると24秒で1Q10分で分割してみると双方12〜13回はオフェンスしない計算なのです。
Posted by G at 2006年12月02日 19:23
>>レオンのちちさん
拍手ありがとうございますwwで、話が長いっていうの、わかります〜〜!私も18番や9番と話すときに、懇切丁寧に(笑)説明するので異様に長いですね!いろんな例を出して説明してるとそのうち当初の説明の発端になったことがなんだったのかわからなくなるほど……←ダメじゃん
でもね、いつかそういうことも役に立てばいいなぁ、って思ってるのです。少なくとも……どんなものでも知識は多い方がいいし、言葉のシャワーを浴びるだけでも、何も知らないよりはいいんじゃないかって考えるからですwwレオンのちちさんのチームの子供達は幸せですよ!それだけ一生懸命説明してもらえるんですからww


>>ゆきんこさん
いやいやいやいや、ホントにおっしゃるとおりのパスばかり見てますよ!特にね、18番は背が高いから……ディフェンスがついてると、パスを入れる子はだいたいぽよ〜〜〜んってパスになるんです(笑)でも18番はそういうパスは取りにくいんですよね(笑)
とはいえ(笑)ゴール下の込み合ったところで強いパスは危ないのでやめて欲しいですよね!!!
とにかく「受ける方・投げる方」両方がきちんとできて初めてパスですから……大事な練習ですよね〜〜。でも大事なのにつまらないからやりたがらないんですよねっ!


>>Gさん
普段の試合では殆ど意識しないけど、コントロールしてゆっくり攻めれば、そういう回数の可能性はあるわけですよね。そうなれば1ゴールの差がかなり重いものになりますよね……。
しんどいディフェンスのゲームはあまり見たくないので(笑)やはりしっかり練習してきちんとしたオフェンスのゲームを楽しみたいなぁ、と思います〜。
Posted by かずー at 2006年12月03日 19:34
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/8778697
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック