**お知らせ**
当ブログへようこそwwここではキリ番プレゼントを実施しています。
次のキリ番は「80000」が対象です。
キリ番踏んだ方、できれば証拠のスクリーンショットなどを撮っといてください。
(とはいえ複数申告なんてあるとは思えないですけどね〜)
申告はメールでもコメントでもお気軽にどうぞ
私からのプレゼントは

お子様の写真を使った壁紙』ですww

デジカメの写真でOKです(サイズは大きければそれだけ吉w綺麗なのが作れます)
それを私に見せてもいいよ〜ってことが条件ですが、
複数枚かっこいいのを用意していただけたら、
世界で一枚の壁紙を作成してプレゼントいたします。
是非パソコンをお子様の写真で飾ってください〜ww

2006年11月14日

その2の前に……

すみません、男子のその2を書きたいと思ってはいるのですが、なかなか(T_T)上手い具合に言葉が出てきません。
あと2回ぐらいDVDを見返せば、少しは違うのかな(;´∀`)

速報を載せた当日、本当に多くの皆さんからおめでとうの言葉をいただいております。それに対して一つずつお返事したい、と思っています。
思っていて、心の中ではすでに何度も御礼を言っているんですけど!
そこに先に返事を書いちゃうと、記事に載せるべきかどうするべきか悩んでることまで全部書いちゃいそうなので、できないんです〜〜〜〜!!!!
なので、お返事はもう少しだけお待ちください。
放置プレイをしているわけじゃないです。自分の中での順番を守っているだけなのです。すみません。

さて、それじゃ、何を記事にするのよ?って思いますよね。

本日記事にしたいのは「気がついたこと」です。
先日「うちのチームカラー」の話を載せました。指導方法とか、そういうことですね。それに通ずるものがあるかな、と気がついたことをぼそぼそ書いてみようかな、と。


♪hata。さんが某所で「小さなことでもほめる」って書いてたのを見て「ああ、なるほど!」って思ったんですけども……。
Eブロックの予選決勝で当たった恵庭男子。すごく強くなってたし、上手くなってました。

なんでだろ?どうしてそんなに短期間に変わるんだろう?
練習方法?でもそれはそんなに簡単に結果が出るものじゃないよね。
そこで思い出しました。
恵庭対向陽台の試合を見ていても、気がついてはいたんですが……コーチが子供たちを良くほめるんです。
「○○!いいよ、それでいいんだよ」
「○○、そこはもう少し思い切って!」
試合中、リアルタイムで声をかけて、子供もコーチを見てしっかり頷きながら返事をしているのです。
たとえファウルになっても「今のでOKだから!次は出来るから!」と……。

そして同時に以前の出来事を思い出しました。
恵み野のコーチが新人強化リーグかな?試合中子供たちに言った台詞。
「よし!それでいいんだよ。いいんだ、シュートはいつか入るようになるから!
お分かりのように、比較的簡単なシュートを外したんですが、その時にそのようにおっしゃってました。
試合会場に大きく響いたその声を聞いて、対戦チームの保護者も思わず笑っていたのですが。
……そんな台詞なかなか言えないですよね?
私もその時はつい笑いが出ましたけど、おちついて考えたら、すごいなぁ、と。
強いチームってそうやって作られていくのかな、なんてぼんやり思ったんです。
少なくとも「ダメ」は自分で気がつかなくちゃいけないけども、良かったプレイ・良かったところについては全員が同じように理解できますよね。
なによりやった本人は「ああ、そうか!これでいいんだ!」ってしっかり学習できるじゃないですか。
OKだと分かったプレイなら自信をもってできる。
みんなもその時OKだったことがわかるから、同じようなケースになれば、同じようにパスをしたりスペースを作ることが出来る。
そういう部分って、あるんじゃないかなぁ?

もちろん、そういったコーチはだめな場合もキチンと言葉にします。ただし「ダメ!」だけじゃありません。
「今のあと少しこうやって(ここで自分が体で動いてみせる)やらないとダメだから」
そういう風にやはりできる限りその場で指示してます。

とはいえ(苦笑)なにぶん、教わるのは子供たちですから、どのような指導法が優れている、って言うのは無いと思いますけど……。集中力の問題もあるでしょうし。
ただ、そういう方法もプラスに働けば随分と効果があるのかなぁ、なんて思ったりしました。


試合中のベンチの様子はチームごとに色々ですよね。
じっと座って子供たちを信頼して、静かに耐えながらも指導するチームや、ずっと声を出して子供たちに指示するチーム。
それぞれがそのチームの良さだと思います。
私は、うちの子供達はそういう風に一生懸命に自分達のために時間を使い、指導してくださる人たちに会えて、本当に良かったなぁと思います。

他のチームとの違いなんかを試合のときに比べながら「上手くなるのに近道なんて無いんだよな」と、改めて考えたりしました。
今日はあっさりとポン酢の気分ですねw
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
banner2.gif


近道があったら、誰だってやってるよね。
posted by kazoo at 17:05| Comment(2) | TrackBack(0) | ミニバス
この記事へのコメント
実はコレって大事な事?
いやいや、目からウロコです
参考にさせていただきますわ。
Posted by レオンのちち at 2006年11月15日 19:25
>>レオンのちちさん
どの程度効果があるのか、っていうのはわからないんですけどね……でも試合を外から見ていて、やっぱり「子供の表情」が違うな、って思ったんですよ。
同じアドバイスを受けるにしても「何やってんのよ、そうじゃないでしょ?もっと足を動かさなくちゃ」って言われた後の子供の表情と「惜しいよ!次は出来るからもう少し足を動かして!」って言われた後では、子供の集中力とか表情が違うんじゃないか、と感じたんですね。
ベンチを振り返って頷くのが、力強いな、って思ったのです。
ただねー(笑)そう書いておいて何ですが、私はなかなか実践できないですね〜〜〜!!!!←をいっ!
ほめるのって難しいです!
Posted by かずー at 2006年11月16日 08:48
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/8778678
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック