**お知らせ**
当ブログへようこそwwここではキリ番プレゼントを実施しています。
次のキリ番は「80000」が対象です。
キリ番踏んだ方、できれば証拠のスクリーンショットなどを撮っといてください。
(とはいえ複数申告なんてあるとは思えないですけどね〜)
申告はメールでもコメントでもお気軽にどうぞ
私からのプレゼントは

お子様の写真を使った壁紙』ですww

デジカメの写真でOKです(サイズは大きければそれだけ吉w綺麗なのが作れます)
それを私に見せてもいいよ〜ってことが条件ですが、
複数枚かっこいいのを用意していただけたら、
世界で一枚の壁紙を作成してプレゼントいたします。
是非パソコンをお子様の写真で飾ってください〜ww

2006年10月23日

二条戦の感想〜

珍しく朝から更新。昨日の二条戦の「素」の感想を忘れないうちに……と。
昨日に引き続き「かなり辛口」の内容でございます。


まず最初に二条さんはやはり強かった。良いチームだと思います。
前回全市でお会いした時よりもずっと上手くなってました。全体にレベルアップしてて「おおおおww」と思いました。
いつも個人的な感想しか書いてませんけど、今回も個人的に……
二条さんはバランスが随分良くなってるなぁ、って思ったんですね。
で、うちとしては前回の全市の時には「何も出来ない・何もやろうとしない」と、まぁ2試合目だったって言い訳を盾にして(笑)相手に萎縮しちゃったっていうのもあるだろうし、スタミナも切れてたっていうのもあるだろうし?とにかく理由はいくらでも見つけられるんだけど、なんにしても「何も出来なかったまま負けちゃった。二条って強いな。勝てないな絶対。もう二度とやりたくないな」って感じだったんですよね。
ほんと、レベル違いすぎるっていうかね。
それこそ中学生相手に小学生が挑んだ「ルールの違うバスケ」みたいな感じ(笑)
でも今回は負けたけど、ぼろ負けしたんだけども、今うちのチームに出来ることをやった、って思いました。でも二条さんのほうがずっと上手かったから、うちはやろうとしたけど全然上手くかみ合わなかったぞ、っていうのがはっきりと浮き彫りになったな、と。
それでよかった、と思ったんですけどね(笑)
さて、以下がとにかく「素」の意見

昨日対戦した当麻さんも二条さんも、もちろんディフェンスもいいし頑張ってるのですが、どちらかといえば「オフェンス」のチームですよね。ガンガンに攻めて得点を重ねて勝つ。それはオフェンスの起点になる選手がいるし、それを生かせるチームプレイが確立してるし、全員の気持ちが同じ方向を向いているからなんだろうな、と。

じゃあ、うちはどうなの?

うちのチームは明らかに外からのシュートの確率が悪いです。悪いとかいう以前の「入るのはたまに」という次元です。旭川遠征の対戦相手のチームは外からのチームでした。インサイドのサイズが無いのでパスをつないでフリーを作って、そこでシュートを決める!というタイプです。リバウンドが中々取れないから、とにかく二本目は無い・一本目でいかに決めて得点をとるか、がポイントなのでフリーを作るのは非常に上手かったです。でも、うちのチームは……外からの決定力が無いのならどうするか、といえばインサイドで点をとるしかないじゃないですか。

最初に断っておきますが、私は別に18番に得点して欲しい、って訳じゃないんです。うちの子一番とか思ってないし、もちろん選手として成長して欲しいとは思いますけど、だからって何が何でも18番と思っているわけじゃないです。

それでも、1Qはというと、18番以外はサイズが140〜145センチが4人です。そこでアウトサイドのシュートが入らないとすれば、ドライブしてくるか、ポストプレイしかないわけですよね。
インサイドにでかいのがいたら、パスをアウト→イン→アウトと振れば、外でもノーマークでシュートが出来る確率が増えるんだし、とりあえず中にパスを入れる、という選択肢があってもいいんじゃないか、と思うわけです。
まず、それが希薄。
だから1Qは毎試合本当に得点は低いです。18番も1Qではオフェンスリバウンドのフォローでの得点が殆どだと思います。
2Qは、というと完全に個人技。パス出ない。ドリブルで1人で持ち込んで何とかしようとする。当然ディフェンスに追いつかれる。囲まれてどうしたらいいのかわからなくなる。
パスを出しても回してるように見えるだけで、今ボールを持ってた人が苦しくなったからパスをする相手を探してパスしたのに、受けた人は、たった今苦しくてパスをさばいた相手にそのままパスを戻すだけ
そんなもん、パスでもなんでもないですよ。

そんな風にオフェンスが出来ないチームなんだから、最近たまたま勝って、得点が多かったからといって自分達がオフェンスのチームだなんて思っちゃダメですよ。
だったらどうするかなんて、答えは一つでしょう?ディフェンスで頑張るしかないんですよ。


二条さんと試合をして、よ〜〜〜〜くわかったんですが。
ディフェンスの勝負所が徹底してます。とにかくファウルの使いどころが上手いです。無駄なファウルなんてしません。
殆どがインサイドに限定してます。
なにしろ横によく動きます。多分三つ子さんはうちの17番と身長はそれほど変わらないでしょう。二条の10番さんはそれより少し低いぐらい?
それなのに、うちの17番をディフェンスしてた3兄弟はね、ものすごく腰を落としてて、頭の高さが全然違いますよ。二条の10番さんなんて、うちのガードの140センチ代の子をマークして、それと変わらない高さまで腰を落として動いてますよ。
じゃ、うちはどうだったの?
そんなこと、ちっとも出来てない。18番にも何度も何度も何度も『腰を落として横に動け』と言ってますが、辛い姿勢だから出来ないんですよね。

走るから・三つ子さんがいるから・もともと身体能力が高いから・身長があるから・練習時間が長いから
強いチームに対しては色んな理由付けが出来るでしょう。
でもそんなのは関係ないです。本当に基本的な大事なことをどれだけきちんと守って実行しているか、そういうことが違うんです。
理由なんてそういうのを頑張って実践してるから、後からついてくるんですよ。


私は試合中常に「ボックスアウト」って叫んでます。でもその重要性がどれだけ伝わってるでしょうか?
「シュートは外れるものだ」って過去にNBA選手のバークリーが言い放ちましたが、私もそうだと思います。
全員がそういう気持ちでいなくちゃダメなんですよ。
シュートを打ったら、それが入るか入らないかは、打った本人が一番わかる。だから、すぐにゴール下に動かなくちゃ。(それに「きちんとしたフォーム」で打ったシュートが入るか入らないかわかるようになるまでシュート練習はしなくちゃいけないと思います!単に放っているだけの玉入れはシュート練習じゃないと思ってます)そしてゴール下に行ったらボックスアウトしなくちゃ!

いくらゴール下にいたって、そこでボールを見上げてるだけじゃ、自分が使えるスペースは肩幅とその上しかないんだよ?腕を伸ばした範囲しかキャッチできないんだよ?そこに周りの人の手が伸びてきたら、先に触られちゃってはじかれちゃうんだよ?
だから!
自分の腰を落として体を使って、相手の前に回りこんで!!
後ろの相手を背中に意識して押し出しなさい!
相手の動きを封じて、自分が動ける・守れるスペースを広げなさい!
なんで、これがわかってもらえないんだろう?
どうしてボックスアウトの大事さが理解してもらえないんだろう?


以前向陽台戦で18番が○ウヘイに、恐ろしく上手いボックスアウトをされました。○ウヘイは身長150代なので、ごく普通ですけど、18番をがーーーーーー!!!っと、それこそ3Pライン近くまで押し出してまったくリバウンドに絡めなかった、ということがありました。
身長じゃないんです。練習すれば出来るようになる技術です。

今からできることといえば技術面では限られてますが、ボックスアウトは練習すればまだ秋季に間に合うわずかな時間があります。
小さなことでもやってみる必要はあるんじゃないか、と思います。
相手にセカンドチャンスを与えないこと
自分達にセカンドチャンスを用意すること
そういう小さな積み重ねって、土壇場になって生きてくると思うんだけどなぁ。

ああああ。愚痴と辛口な暴言の内容ですね。とはいえ、これが本音です。「こんなことミニバスに求めなくても」と思っちゃったらごめんなさい(´・ω・`)
でも(笑)吐き出すためにこのブログを用意したんだから強引に突き進むぉ!( ´∀`)bグッ!
……いいぞぉ、行け逝け!って応援してくれるなら、こそっと|ω・`)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
banner2.gif


あ、そだ……二条の男の子達、本当はうちの女子が黄色い声援するつもりだったんだけど、出来なくてごめんねm(__)m
あの試合悔しいことにTOだったから、応援できなかったのだ!
posted by kazoo at 10:28| Comment(2) | TrackBack(0) | ミニバス
この記事へのコメント
お疲れ様でした。
熱の入ったコメントですね。。
結果残念でしたが課題が浮き彫りになったので今後の練習で修正されると良いですね。

おっしゃってる事が個人個人で認識できれば良いのですが人から言われるのと自分で気づくのでは同じ意味でも認識の違いがあるので伝え方が難しいですよね。。これが指導者、周りの人達の悩み所でしょうかね?

ボックスアウト・・基本ですよね。
スクリーンアウト・・基本です。

昔、留学時代の大学の練習見てた時の話で恐縮ですがコーチの教える基本プレーが出来ない選手はイメージが体に染み込むまでフォーメーションをボールなしでずっとやらされてましたね。

当時はなんだろう?という感じで見てましたが今なら分かりますね。シュート練習+ボックスアウトも取り入れるとか?シュート打つ人間とボックスアウト練習を同時でどちらもシュート入るとリバウンド取れるまで続行など・・

今までの練習なら練習方法を変えて視点を変えてみるなどなど・・・素人考えですがw

ここからはコーチの方々とかずーさん達の出番かもしれませんね。成果楽しみにしております。頑張ってください!

地区の大会見に行こうかと考えておりますよ♪
Posted by 素人 at 2006年10月23日 11:27
>>素人さん
熱いでしょ?コメントがどうしても熱くなるんですよ(笑)だって、NBAなんて自分には関係ない世界ですらあれだけ色々言うわけですから、これだってどれだけ抑えてるか(笑)わかっていただけるでしょう?

確かに自分で気がつくのと人から指摘されるのでは違いますよね。その辺はまだまだ小学生……バスケに対する知識はこれから蓄積されていくので、多くを望むのはかわいそうですよね(笑)


ところでボールなしのフォーメーションって、かなり有効なんじゃないかなって思います。シュート練習でも、ボールを使わないと綺麗なフォームで出来る、っていう人も多いんじゃないかな。なのにボールを使った瞬間に出来なくなるんですよね(笑)!
動きをイメージするためには、いっそボールなし!っていうの……うちで9番と18番に試してみますwwww
是非旭川の大会、見に行って見て下さい!女子もすごいレベルのものが見れると思いますよ!
Posted by かずー at 2006年10月24日 17:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/8778651

この記事へのトラックバック