**お知らせ**
当ブログへようこそwwここではキリ番プレゼントを実施しています。
次のキリ番は「80000」が対象です。
キリ番踏んだ方、できれば証拠のスクリーンショットなどを撮っといてください。
(とはいえ複数申告なんてあるとは思えないですけどね〜)
申告はメールでもコメントでもお気軽にどうぞ
私からのプレゼントは

お子様の写真を使った壁紙』ですww

デジカメの写真でOKです(サイズは大きければそれだけ吉w綺麗なのが作れます)
それを私に見せてもいいよ〜ってことが条件ですが、
複数枚かっこいいのを用意していただけたら、
世界で一枚の壁紙を作成してプレゼントいたします。
是非パソコンをお子様の写真で飾ってください〜ww

2006年10月16日

遠征の感想@女子

さて、一部の方はもしかしたら期待しているかもしれない「遠征の感想」です。まずは女子の部から。例によって長いです(;´∀`)


と、その前に。ちょっとした注意点を。
一番重要なことなんですが、今って秋季の大事な時期ですよね。そういった時期にわざわざ試合を受けてくださったわけなのですが……私としては自分のチームの状況を載せるのは別にかまわないのですけれど、やはり対戦相手のチームさんについては「ほめたいんだけど、詳しくほめられない」って状態です(笑)もちろん私なんて指導とか出来ないわけですから、語るにしても「素人視点」なので、ヒントにもならないかもしれないですけど(笑)それでもやはり「漏らすのは抵抗があるな」って状態です。
だから「歯切れが悪かったりわかりにくい」のはお許しを。

二番目に、うちのチームは遠征直前までトラブルを抱えていたということ。とはいえ、そういう状態だからプレイが全然ダメだった、ということはありません。まぁ、そういうのを踏まえて遠征をしてきたんだな、って言う程度のポイントです。

三番目に……先週9番が体調不良で練習を休んだんですが、治ったように見えて治ってなかったらしい。2日目は朝から吐き気がひどく、何度か吐いたりして(T_T)楽しみにしていた試合が初日しか出来なかったのです。一応ユニフォームを着てはいたのだけれど、どーーにもならなくて2日目は試合中も応援席の方で着こんで寝てました。と、そんなことがあったんですね。

ということで、3点を踏まえて、GO!

今回の遠征の相手女子チームに関してですが、一言で言うなら「全部上手い」です。
前からちらちら書いてますけど、うちのチームはみんなサイズが無い!細いんですよね、なんだかしらないけど。給食がちがうのかな、とか冗談で話してましたけど(笑)
で、うちのブロックのチームでも、もちろん「サイズがあって走れる」ってところはあるんですけど、それはどちらかというと「特殊」ってイメージがあったんですよ。
縦があって幅もあれば、それなりに体も重くなりますから……どうしてもスピードとか走る量は落ちるんだろうな、と。仕方が無いって言っちゃえばそれまでなんですけど、うちのチームとしてはサイズが無いんだから(縦も横も)それなら走るしかないだろう?って事でやってるわけなんですけど。
だから、今回は近文さんも愛宕さんも永山さんにも圧倒されました。
うちのチームが「走るしかない」とか言ってるのと、走るレベルが違うんです。気力が違う。
そして「子供たちのオーラ」がね、こちらのブロックのチームと違うな、と。サイズを大きく見せちゃう、っていうのかなぁ。
うちのセンターは162センチあるらしい。
なのに、全然違う。
相手のサイズがそれより小さい子の方が、大きく見える。


そもそも「自分がやってること」に対しての自信も責任感も違うんじゃないかな、と思ったのです。
なんとなくボールに寄るとか、なんとなくディフェンスするとか……いや、それはね?もちろん練習ではそんなのダメだ、と当然指導してるんですよ?切り替えを早く、当たりは厳しく。それは当然指導されてるんですよ。
でもね、あの違いを目の当たりにして、私は圧倒されました。

そしてコートにいる5人でバスケをやってるんですよ。ボールの無いところでもキチンとバスケをしてる。
言葉は悪いですが、うちの女子とは同じ競技をやってるようには見えませんでした。
うちのチームはミニバスをやってます。彼女達は精一杯やってるし、足が痛くても走ってるし頑張ってます。だから、それは褒めてあげるべきだし、努力も認めてます。
けど、愛宕さんは「ミニバス」には見えない!
みっくさんが以前ご自身のブログで、練習試合の結果について書かれてましたけど、上手い中学生を相手にやってるようだ、っていうのを実感しました。
とにかく丁寧できちんとしたプレイをしてました。
ここだ!という時にダブルチームに当たりに行く時のスピードや、絶対に止めなくちゃいけない、という時のディフェンスの戻りや、そういう細かい積み重ねの部分が、とても丁寧で厳しい。

すごいなぁ。
「上手く行かない・出来ない」事に対しての口実とか言い訳を用意しないんだろうなぁ。
うちのチームではね、ありますよ。
勝ってるときは、問題ないんです。
負けそうだなって試合になるとね、口実作りがありますよ。
足が痛い・おなかが痛い・相手にたたかれた……それをずっと引きずってゲームをします。
「だから全力でプレイできなかった」「足が痛かったから走りきれなかった」そういうのを試合後にいえるように、自分の中で言い訳を用意し始めるんです。
もちろん顔にもそういうのが出ます。


うちの9番が以前そういうことがあって、もの凄く怒りました。試合中にぶつかった・痛かったというのをぐずぐずと「顔に出す」んですね。それはダメです。そんな「出来ないことの理由」を準備するなら一歩でも足を動かして欲しい。
今回遠征で試合をさせてもらいましたが、近文さんも永山さんも愛宕さんも、そういった事に関してはすばらしく頑張っているなぁ、と思いました。懸命にやるべき事をやろう!チームで頑張ろう!というオーラが伝わってくる試合でした。


今回遠征は突然決まり、コーチは「遠征に行くぞ〜」としか言ってませんでした。
昨日すべての日程が終了し、自分達の体育館に戻ってきてコーチから話を聞いた時に初めて「この遠征の目的は何だったと思う?」という話になりました。

コーチは「今回の遠征は7割、女子の為だった」と。
1)全道レベルのチームの実力を実際に経験する
2)今後大会が遠い場所で行われた時の泊りがけの試合のための経験
そして3番目に「お互いを知る」


たった1泊とはいえ、2日間ずっと一緒に行動し食事をして試合をするなんて経験は、ほとんど無い状態だったのですよね。
そういう場合どうしたってお互いに話をするようになって、いいところも悪いところもわかるようになる。
そういう時は悪いところだけを見てたってどうしようもないわけで、トラブルを抱えていたけれど、こういう形ですごすことによって少しはお互いを支えあうという気持ちが出来たんじゃないかな、と思いました。
もう少し後にならないと、この遠征の効果は見えてこないとは思いますが、少なくとも子供たちはずっと楽しそうでトラブルも全く無く遠征を終えました。
女子は泊まりで参加したのが13人。
残念ながら5年生の1人が怪我で試合に出ることは出来ませんでしたが、うちの9番が2日目にダウンしたおかげで、残り11人が全員……普段はゲームに出られない5年生もプレイタイムがもらえました。
今までゲームに出ないから……と、どこか他人事のように試合を見て応援していたかもしれないけれど、いつどこで自分が出ることになるかわからないわけで、もっと真剣に勉強しないとダメだぞ、ということも学んだんじゃないかな、と思います。
もちろん9番は悔しがってましたよ。気持ち悪いし熱も上がってフラフラなんだけど「出たかったなぁ」って言ってましたし、「そこ違うって!重なってるって!」と(笑)いっちょまえに文句も言ってました。
そういう部分では9番も外からゲームを見ることも出来たし、本当に色々経験になったと思います。


秋季までは、もう残り時間が少なく、学芸会があったりで練習時間がまともに取れませんけれど、今回の遠征で得た「強くてうまいチーム」の感触は、今後のチームの練習に、とてもよい刺激を与えてくれたと思います。
もっと走るチームがある。もっと頑張ってディフェンスをするチームがある。まだできるはず。
そういう気持ちの強さを教えてくれたのはとてもありがたかったですね。今すぐじゃないけれど、絶対に糧になると思いました。

本当に旭川の皆さん、ありがとうございました!m(__)m


感謝の気持ちを込めたりして(え? ポミュっと
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
banner2.gif

あーーー……旭川で動物園も見れなかったしラーメン食べらんなかったよ!ぐはーーーー……(T_T)(T_T)(T_T)
posted by kazoo at 11:56| Comment(2) | TrackBack(0) | ミニバス
この記事へのコメント
遠征お疲れ様でした。
とても充実した遠征だったようですね。

北海道上位のチームには“負けたときの口実”は、やはりないでしょうね。口実で負けを納得できるような練習はしていないと思います。
「あれだけ厳しい練習をしたんだ。負けるわけにはいかない!」っていう選手の強い思いが一つ一つのプレーに出ますよね。
それがプレッシャーになったり、勝ちにこだわりすぎるためにバスケが楽しくなくなったりという難しさもあるので、そこらへんのバランスを取るのに指導者の方は苦労なさるのでしょうが・・・。

うちのチームもミニバスには見えませんよ♪
“ミニミニバスケット”です。(笑)
Posted by コーチT at 2006年10月16日 15:36
>>コーチTさん
普段は石狩管内のチームとか札幌の近くのチームと試合をしてますけど、違うエリアのチームになると全く未知の世界だったので、インパクトはさらに大きかったです。

コーチTさんのおっしゃるように、上位チームは自分達のそれまでの練習に誇りを持ってるんだと思います。そういうオーラが感じられました。
バランスは難しい問題ですよね。でも頑張って勝てた!っていう充実感は、本当に頑張って辛いことも乗り越えたからこそ、経験できることだと思うので、子供たちにとってはとても重要な「支え」になるような気がします。

結果を残すのは難しいですよね。努力しても結果が残るとは限りませんし……指導される方は常に様々なことに気を配りながらなので、大変でしょう。

ミニミニバスケット!うーーん、そう考えると我がチームは標準……???
Posted by かずー at 2006年10月16日 18:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/8778643

この記事へのトラックバック