**お知らせ**
当ブログへようこそwwここではキリ番プレゼントを実施しています。
次のキリ番は「80000」が対象です。
キリ番踏んだ方、できれば証拠のスクリーンショットなどを撮っといてください。
(とはいえ複数申告なんてあるとは思えないですけどね〜)
申告はメールでもコメントでもお気軽にどうぞ
私からのプレゼントは

お子様の写真を使った壁紙』ですww

デジカメの写真でOKです(サイズは大きければそれだけ吉w綺麗なのが作れます)
それを私に見せてもいいよ〜ってことが条件ですが、
複数枚かっこいいのを用意していただけたら、
世界で一枚の壁紙を作成してプレゼントいたします。
是非パソコンをお子様の写真で飾ってください〜ww

2011年07月30日

ミステリーツアーのお知らせ

ほんとーにお久しぶりです、かずーです。

皆様お元気でお過ごしでしょうか?
毎日暑いですよね〜。
私なんて、暑いの嫌いですからね。
昨日から2リットルのペットボトルを仕事場で水いれて凍らせて
それを抱いて仕事してましたよ。←さびしい
パソコンも熱ダレしてるかんじで、スピードが遅い遅い。
最終的にはパソコンの本体に、そのペットボトルをくっつけて作業してました。
まじめな話、そうすると冷えた空気をファンが取り込むみたいで、多少保存時間とか
早かったりしました。びっくりだな〜〜。


さて、本日本当に久しぶりのめるまがですが、何かというと
ずばりタイトルは「ミステリーツアー2011」ですwwwww

ええと、今高校のバスケはインターハイ真っ最中ですね。
ショーヘイの藤枝明誠はどうだったか、というと一回戦は圧勝しましたが
ショーへイも予測していた通り、二回戦で惨敗です。
ショーヘイ曰く「外からしか攻めないチームに勝ちはない」とのこと。
私もそう思います。

しかし負けたにもかかわらず、ネットの速報が確認できないうちから、やつから「イエーイ」という
能天気なメールが来たので、私はてっきり勝ったのかと思いましたよ。
このインターハイのあと、そのまま北海道遠征が決まっていたので
やつにしてみれば、北海道入りが早くなるので「イエーイ」なわけですね。
負けてもイエーイの、能天気なショーヘイ。


問題はミステリーツアーなこと。


そもそも静岡は本州ですから。あちこち遠征は基本チームのバス。
当然能代もバスなんですよ。

そうすると、北海道にはどうやってくるの??
恐ろしいことに、これをショーヘイは一切知らないんですね。
まぁ、高校生にもなれば、チームとしては「Aチーム扱い」の選手とそれ以外は
はっきり対応が分かれているのは東海を見ていて知ってはいました。
しかし(笑)遠征に関しても、まったくAチームの子以外は知らされていないというのも
かなりびっくりしたわけですが。

とりあえず、やつはスケジュールは一切知りません。
負けたから今日すでに北海道に向かって移動しています。
しかし、どうやって移動するのか、いつから練習試合が入っているのか、まったくわかりませんwww

まぁ、バスを置いて空路を移動する可能性は低いだろうとは読んでいましたが
とはいえ、フェリーなのか電車なのか?フェリーならどこから乗るのか?
そして我が家にダレが泊まるのか?!←ええ、泊まるんです。

まったくわかりません。
我が家もミステリーに包まれていますが、ショーヘイもミステリーに包まれています。
ひとまず現在、おそらく青森にむかって移動している様子。
このままでいくと、明日の早朝、函館に上陸か?

んでもって、一応日大との練習試合が組まれているのはわかっているので
日大に向かうのかしら?
函館からバスだから6時間ぐらいは見るのかしら?
朝ごはんとか考えたら、まぁ、昼ぐらいにこちらに到着?

えーーーーーっと。
私はどこにダレを迎えに行けばいいのかしら?
ていうか、もしかしたらいきなり練習試合かもしれない、って
恐ろしいメールが届いたんだけど、気のせいよね?

私としてはまだインターハイで強いチームが戦っているので
どうせならそこを見たほうが勉強になるのでは?と思ったりするのですが
うむむむむ。
難しいですなぁ。ほんと、難しい!!!

さてさて、このミステリーツアーどこに向かうのか?
詳しい練習試合の日程などがわかれば←ほんとにわかれば!!
お伝えしていきたいと思います。ぜひ、みなさん、見に行くといいと思います!
ではまた!!
posted by kazoo at 21:20| Comment(0) | 高校バスケ!?

2010年10月24日

またまたお久しぶりですね!

昨日は、とっても楽しい一日でした。内容は超ボリュームたっぷり。
で、もしかしてもしかしたら、検索とかでこのブログを探してくる人がいるかな〜
……なんて思ったりして(笑)
そんな感じで更新してみようと思います。

……って「取り越し苦労」なんですけど。誰も検索で来てないですけど。

さて、なんでそんなことを思ったかというと、昨日は
「藤枝明誠高校の入学説明会」でした。
札幌のコンベンションセンターに、藤枝から先生がお2人いらっしゃって
今年の受験生相手に、説明会をされたのです。
その際、せっかくだからお会いしましょう、と連絡をいただいたので
足を運んでみました。

考えてみたら、4月に入学してから、すでに先生がそのように来道されて
ショーヘイの状況や成績について・部活についてお話してくださるのは2回目です。
他に、電話もいただいたりするので、ぶっちゃけ距離的には離れていますが
ぜんぜん不安とかそういうのはありません。

「ショーヘイ君のビデオもあるので、お見せしたいんです」と、わざわざ電話いただいたので
学校での様子なんて見るチャンスがありませんから、是非!っておもいますよねw


ビデオは親ばかですから(笑)面白かったです。
原稿があったわけじゃないですが、自分の言葉で素直に答えていたので
良かったんじゃないか、と。
説明会の内容も、藤枝のよさが出ていて良かったと思います。
これで興味を持ってくれる人が増えたらいいなぁ。

ということで、実際に行かせている親にしかわからないことを
興味を持って検索してくれた方に、残しておこうかな。


英数科は、正直勉強は大変だと思います。毎日7時間です。
ショーヘイは中学が私学だったため、もともと週2日は7時間授業でしたし、土曜も月3回
4時間授業があったので、慣れていますからそういう意味では大丈夫です。
それから、千歳からの通学のおかげで、毎日朝5時起きも慣れていたので
そういう部分もなんとかなってます。

それでも、毎日の洗濯とか考えるとそれなりの負担はあるわけで
そういった生活を送っていなかった、近くの公立中学の人は、大変かもしれません。
ただ、部活を(バスケとかサッカーとかの強化部でなければ)やらないのであれば
そんな時間的にきついことは無いと思います。

寮のおかあさん達には頭が下がります。
そんな子供達に、毎日朝ごはんもちゃんと食べさせてくれるのです。
お昼は、平日はちゃんとお昼に間に合うように、温かいお弁当を作って届けてくれます。

部屋の中は、ショーヘイは2人で使ってますが、ゴミは廊下に出しておけば
おかあさん達が片付けてくれますし、実は洗濯もお母さんたちに頼めばやってくれます。
なんと(笑)洗濯用の洗剤なども、自分専用のものを用意すればそれでやってくれる心配り。

残念ながら女の子は入寮できません。

ここらで、気になる「実際の費用」について。
ショーヘイは特待生だったので、入学金はかかりません。寮費もかかりません。
何がかかったか?というと

入学時の制服とかジャージとかかばんとか靴とか。そういったもろもろ。
一部バスケ部の先輩からサイズが合えば制服をもらえた人も。
それから、自転車。自転車の保険。あとは学校債。
ある程度の引越し費用。学校で必要な教科書や電子辞書・ワーク類の支払い。

そういう意味では、結構かかります。
でも北海道の公立高校に行っても、それはある程度かかるわけで。
同等の費用を考えておけばいいんじゃないかと。

その後、毎月の支払いについてですが
ショーヘイは部活をやっているので、バスケ部の部費がかかります。
一ヶ月7千円。これにはバスの維持費も入っています。
北海道と違い、あちこち地続きですから、バスで軽いフットワークで出かけます。
だから、部費は高いように感じますが、遠征費が安上がりです。
この前も近畿地方に2泊3日で出かけるから3千円ぐらいかかる、みたいな連絡が
ショーヘイから来ました。

部費のほかは、学校の引き落としですね。
これは毎月基本は22000円ほど。高いといえば高いですが、修学旅行の積み立てが
毎月16000円なのです。
英数科は、2年の冬にロスに2週間のホームステイですから、そんなものでしょう。
前期と後期のはじめに、他のもろもろをまとめて払うので、金額が大きくなりますが
これも普通良くある話ですね。

そして、お小遣いです。
これはとにかく色々含まれています。土日なんかはお昼が「おにぎり」とかのことがあって
もちろんそれでぜんぜん問題ないと思うんですが
やっぱりバスケをやっていると、もっとボリュームのあるものを食べたいんでしょう。
そういうお金がお小遣いに含まれます。
他にも「牛乳飲めよ」とか、食生活は基本ですから、そういう部分を気遣うと
月3万ぐらいはかかります。
あとは先ほど書いた遠征の3千円とか(笑)学校でTシャツ作った、とか
ガンダム見に行って彼女と遊んできた、とか(笑)そういうのが入ってるので
月によって、ちょっと多くなったりする時もあります。
でも、中学の時下宿してた子(東海では、中学から下宿してる子は結構いるので
特に珍しくないのです)の相場から考えても、やっぱりこのぐらいはかかるだろう、と。

ざざっと書きましたが、色々免除といっても、結構かかるといえばかかります。
公立と比べたら、多分びっくりするぐらいかかってるかもしれません。
……うちの長女と比べると、まぁ、当時は授業料と定期と、お小遣い……バイトしてたな、とか考えると違うといえば違いますが
学校の面倒見のよさ(部活の監督も含めて)を考えたら、とてもお得なんじゃないか、と
思います。
長女は公立でしたけど、冬の体育がクロスカントリースキーとかで、そういうのを買ったり、あとはテストが多かったので年間で5万ぐらいテスト代がかかったり。
修学旅行の積み立ても、行き先のわりになんか高かったり。
藤枝は塾とか予備校に行く必要が無いので、真剣に勉強するなら安いと思います。


英数の特待はそういう感じですが、バスケ特待はバスケ寮の寮費がかかるので
純粋にもっと高いです。
とはいえ、東海大四の高校でバスケをやったら、と冷静に費用を計算すると
もっと大変ですからね〜〜〜〜。


もちろん親の負担は大変です。
でも、その分子供も真剣に、腹をくくって頑張ると思います。
中途半端になんとなく毎日を過ごす、なんてこと、藤枝ではできないと思います。
残念ながら、ショーヘイはまだ一年生。
バスケでも進路でも(笑)結果を出せていませんから、説得力は弱いですが
変な話……多感な時期、下手をするとふらふらと道を誤ってしまうこともあると思いますが
そういうことに惑わされず、あれだけはっきりと「毎日が楽しい」と
言い切れるその生活は、こちらにいて経験させてあげられたか、疑問です。

親元を離れることは、親も子供も不安だと思いますが
じゃあ、あと何年そうやっているのだろう?と考えたら
せいぜい2〜3年。ちょっと早くなるだけなんです。
少なくとも、ショーヘイに今反抗期はありません。
離れて逆に親のことを大切に考えてくれているようです。

そういうのって、なんとなくいいものですよw
posted by kazoo at 12:04| Comment(0) | 高校バスケ!?

2010年08月31日

なんかびっくりなんです(^^;

ずーーっと基本的に放置してるこのブログですが

……その一番の理由が、ショーヘイがすでにミニバスじゃなくなっちゃってるから、なんですけど。

でもいまだに検索とかで大勢の人が来て下さってるので
放置するのも、申し訳ないかな、と思い始めました(^^;

ミニのときは書きたいこと書いてましたね〜ww
でも、中学になってショーヘイの代になったときに
本当に書きたかったことが全然書けなくなりました。

というわけで、放置になったんですよ。
別にショーヘイがバスケを辞めちゃってたとか、私がバスケの興味がなくなったとかじゃなくてね。

そんなわけで、今は離れて生活しているショーヘイですが
それでもポツポツと更新していこうかな、と思ったりしてます。

ミニバスのことで調べてきてくれた人、ごめんなさい。
そういうわけで現在はリアルミニバス世代じゃないです。

でもって、ちょっと過去から今までのバスケ生活を振り返って
ショーヘイが高校でもバスケをやるに当たって見たり聞いたりしたことなんかを書いてみようかな。

当たり前ですがバスケは変な癖がないほうが絶対に良いと思います。
シュートフォームは、きちんとしたものじゃないとダメだと思います。
高校の指導者は(多分本人に直接言う人はほとんどいないと思いますが)やっぱりフォームを見て「あれはダメだな」ってぼやいたりしますw
実際、そういうぼやきを耳にしました。

あと、ミニバス時代から気をつけてできることで、とっても大事なことは「怪我をしにくい体を作る」ということだと思います。

それは別に筋肉をつけるとかそういう意味ではなくて
「ストレッチとアイシングが本当に大事だよ」って意味です。
股関節が硬いと、横に開かないので、腰をすとんと落として「パワーポジション」で動くことができません。
そして股関節が硬いと、背も伸びにくいそうです。
今からだが固くても、毎日のストレッチをきちんと手を抜かず丁寧にやることで、半年後・一年後に絶対差が出てきます。
カラダがやわらかければ、無理をして怪我をすることも少なくなりますし、治りも早いです。

それから故障を抱えないために、面倒でもきちんとアイシングをする必要があります。これも習慣です。
万が一怪我をしたら、きちんと治す、という考え方も大事です。

当たり前のことだけれど、バスケが好きだから頑張りたいから、という気持ちだけでは限界があります。
今、とか半年後とか、来年一年のことだけ考えて燃え尽きるのもアリかもしれませんが、小さな面倒なことを続けられなければ、
つまらない練習だって真剣にできないと思います。
(例えば毎日ゴール下のシュートを50本はずさずに左右からシュートし続ける、とかね)
やらなくちゃ上手くなるわけない練習は、つまらないけど確実に試合で力になる。
自分の体をケアするのも同じで、今すぐ効果はなくても、本当に大事なので、それだけは忘れずにやってください。

……と書いてみたけど、読む人いるのかな?
posted by kazoo at 19:59| Comment(0) | ミニバス

2010年08月27日

ひさーしぶりにまた更新してみたw

ども、お久しぶりです、かずーです。

メルマガを忘れたころに配信したりしてて
ここに書くのかメルマガにするのか、悩んだりするんですが
まぁ、ここはここで残してるので(笑)たまには書いてみようかな、と。

ショーヘイが静岡に行って、何ヶ月か過ぎました。
インターハイが沖縄で開催されて、ヤツも沖縄入りしまして
おもいっきり楽しんできたみたいです。
もちろん、試合の結果は全然良くありません。
それはわかってますが、とりあえずヤツは出場しませんから
完全に観光旅行気分で楽しんだ様子。

美ら海水族館も行ったみたいだしね!!!←うらやましい

インターハイ終わって関空経由でそのまま北海道に帰省。
こちらにいる間は、食べたかったものがたくさんあったので
色々食べまくった様子ww


にしてもですね。
やっぱり「勝つ」って大事なんですよ。


ショーヘイが中学で経験した数多くのことの中に
たった一つの試合の結果が、かなり大きな意味を占めるってことを素で学びました。
結果だけがすべてじゃないのは、もちろん分かってます。
でも、いろんなことを耐えて頑張って
「勝つためだから」と自分に言い聞かせてたとしたら
そこで勝てなかったら、やっぱり信じるものが崩れるわけです。

勝っていれば問題ない人間関係や信頼関係も
あっさり崩れてしまうことは多々あるのですよね。


最初から大変な生活が待っていると覚悟して行ってますが
本当に厳しい。
ハンパな気持ちじゃ乗り切れない大変さです。
だからこそ、信じられる何かっていうのが大事なんだと思います。

とりあえず英数科でも、ショーヘイは毎日朝4時台に起きて
ご飯食べて寮を5時前に出て
朝練を5時からスタートし、その後授業を毎日7時間やって
そして部活を必死にやって、寮に戻っても勉強して
もちろん土曜も学校だし部活だし。

今日は夏休み明けテストだったらしいですが
朝練ありました。

これだけ過酷なこと、どのぐらいの人が頑張ってるだろう?
歯がゆいけれど、北海道からはただ応援するしかできません。
posted by kazoo at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校バスケ!?

2010年02月08日

ものすごく久しぶりです

もう(笑)ほとんど忘れ去られていると思いますが。
あえて更新してみたり。

……というのも、メルマガをいざ発行しようとしたら
それも休刊扱いになっちゃってて(笑)どうにも身動きが取れないので。

とりあえずショーヘイの進路が決まりました。
ええw実はそれすら先月の末にはわかってたんですけど、先に書いたようにちゃんとお知らせする方法が無かったので。

ショーヘイは北海道を出ます。
これまで何度かその先の進路とか大袈裟に言うなら人生とか(笑)そういうものの分岐点を過ぎて、その都度結構真剣に色々考えてきました。
中学を受験して私学に行ったのもそのうちのひとつ。

ぶっちゃけ、バスケは勝てませんでした。
先輩がすばらしいからといって、そこに行ったから上手くなるわけでも強くなるわけでもありません。
もちろん同じ志の人たちが集まれば、練習に対する真剣さは違うと思うので、ただなんとなく部活をやっているよりは上達するでしょう。

でも、私学に通ってすら顧問が変わってしまう問題やメンバー同士の問題などがあるのです。
その結果、バスケだけでいろんなことを選んでしまったら、多分立ち直れないぐらいつらいことがたくさんあるんだろう、と。

だから。
バスケは勝てなかったけど、私学に行ってよかった。と思います。
少なくともショーヘイにとっては、選択した学校は
バスケではあまり意味が無かったけれど、学校としては非常に意味があった」と思います。
バスケ以外の道を考えるきっかけになった、ということで、私はあの学校は教育機関としては良かったのではないか、と思います。

ショーヘイは、静岡の藤枝明誠に行きます。
バスケ好きなら、名前は知ってると思います。
バスケ結構強いです。


もちろん、高校でもバスケはやります。
でもバスケで選んだわけじゃなく、勉強で行くのです

ショーヘイが小学生の時は、本当に勉強できないし
私学受験するのも結構大変だろうな、って思ってて
実際入学して1年生の時は、ぜんぜん成績良くありませんでした。
でも学校がヤツを三年間ずっと学級委員にしてくれたこと、
常に目標を持って勉強させてくれたこと
そういう小さなことを積み重ねて、
3年前期の通知表で、スカラーシップの基準をクリアしました。
主要5教科の評価合計で22以上ですね。
そういう基準をクリアして、初めて受験資格が(笑)あるわけですが
試験当日まで、かなり難しい問題集をやりこんだ結果
無事、試験に合格できました。

そんなわけでバスケもやるけど、藤枝明誠の英数科に
特待生で入学することになりました。
これから3年間、全力で勉強とバスケをやることになります。

……北海道からでも、そういう形でチャレンジできるんです。
私学の高校でも、入学金や授業料や寮費も全部免除で勉強できる環境はあるんです。

少しだけ、そういうことを知って欲しいと思ってここに書きました。

バスケだけだと、可能性が狭いことでも
勉強も頑張っておけば、別のアプローチで可能性が広がるかもしれない。
勉強とスポーツの両立は非常に難しい。
それは、環境が難しくしている場合もあるし
自分のキモチの場合もある。

ただひとついえるのは、学校を選ぶなら
たとえ自分が期待していたものと外れる結果が待っていても
それを単に残念がったり悔しがったりするだけで終わらないように
色々な事を頑張れる学校を選んだ方が
同じ何年間かを過ごすときに、絶対にお得だと思います。


自分がこの先やりたいことを漠然と考えた時に
その方向に進むための分岐点はそれほど多くないと思います。
言葉を変えるなら
自分を指導してくれる先生を選べるチャンスは決して多くないんです。
普通に近くの公立中学に行ったら、選べるチャンスはまずは高校受験のときに1回目で、
その次が大学などを目指すならその時に2回目です。
たったそれだけです。

大変でもたくさん欲張って頑張れば、その数少ないチャンスを生かす方法が、ずっと増えてくると私は思います。
とりあえずショーヘイがこの3年間で見つけた答えがそれでした。

バスケはどこまで行くかわからない。
でも選手として(笑)高校の試合には出られなかったとしても
信頼できる監督のいる高校で、指導法やバスケについて3年間学べるというのは、プラスになると思います。

メルマガ出せるようになったら(笑)もう少し色々書きたいと思います。とりあえず簡単に報告でした〜。
posted by kazoo at 16:01| Comment(0) | 中学バスケ